助成金申請

利用しないともったいない助成金

助成金は、国や都道府県などの政策として主に中小企業に交付するお金です。
融資とは異なり、返済の必要がないのが何といっても魅力です。

「補助金」とか「給付金」とかといった名称が付いているものもありますが、基本的にすべて同じと考えていいでしょう。

場合によっては何十万円、何百万円も受給できることもあります。純利益でこれだけ稼ぐのはとても大変ですが、それが受給できてしまうかもしれないのです。

検討してみない手はありませんね。

助成金には厚生労働省系と経済産業省系の2つのタイプがあります。

<厚生労働省系の助成金>


厚生労働省系は、雇用保険の適用企業が対象となっています。これは、助成金の原資が、企業が納付する雇用保険料から拠出されているからです。

そして、厚生労働省系の助成金は、要件さえ満たしていれば、当然に受給できるのです。ですので、要件を満たしているのに受給しないのはもったいないのです。

どんな場合に助成金を受給できるのかというと、主に以下の場合です。

● 雇用の維持・安定

● 再就職支援

● 新たな雇入れ

● 創業

● 従業員の能力開発

● パートの均等待遇推進

● 育児・介護を行う労働者の支援 など


各助成金とも、いろいろ要件はありますが、その要件さえ満たせば、きちんと受給できます。

ただ、要件や仕組み、申請の仕方が複雑だったりしますので、もし該当するかもしれないと思われる場合は、当事務所に一度ご相談いただければと思います。

<経済産業省系の助成金>

経済産業省系の助成金は、研究開発に対するものが多いのですが、中には経営革新(新たな事業への取り組み)や販路開拓に対して助成するものもあります。

ただ、厚生労働省系が要件を満たせばほぼ確実に受給できるのに対し、経済産業省系は採択数が決まっていて、応募企業の中から審査で選ばれた場合に受給できる、というのが一般的です。

ですので、ハードルが高いといえますし、しっかりとした計画書を作成して、審査員に「素晴らしい」と思わせる必要があります。

また、応募から審査、採択決定というステップを踏みますので、基本的に応募時期が決まっています。ですので、どの助成金がいつ応募開始を始めるのかを、絶えず調べておく必要があります。

このように、経済産業省系はいろいろハードルがあるのですが、助成金によっては何千万円という単位の金額を受給できる場合があるのです。

また、業種やテーマによって、実にさまざまな助成金がありますし、都道府県単位で設けている助成金も多いのです。

ですので、マメに調べれば、案外おいしい助成金が見つかるかもしれません。

当事務所では、経済産業省系の助成金に関しては、基本的に経営革新計画の認定(承認)について当事務所に策定支援業務をご依頼いただいた企業様を対象にサポートさせていただいております。

助成金申請に係る報酬


当事務所における助成金申請は完全成功報酬制で、受給できた助成金額の12%を頂戴しています(税別)。

顧問先の企業様の場合は6%となります。

対応地域は、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県です。

助成金申請の申し込み、お問い合わせはこちらの申込フォームから

電話でも承っています(080-3277-4943)
※勧誘などは一切いたしませんのでお気軽にお問い合わせください。